念珠の紹介

日蓮宗

日蓮宗の数珠は、浄明のある親玉の方に2本の房がつき、もう一方の親玉には3本の房がつきます。3本のうち1本は「数取り」と呼ばれ10個の記子のみで構成されています。
また、四天は末世に法華経を伝える4人の菩薩を表しています。
商品情報
【素材】 縞黒檀
【仕立】 共仕立
【寸法】 1尺2寸
男性用

お問い合わせ

ページトップに戻る