川﨑木珠ブログ

2017年11月24日

御縁に感謝

昨日11月23日(木・祝)は、京都の天台宗「赤山禅院」にて、
京都珠数製造卸協同組合が主催する年に一度の『数珠供養』があり、
私達もお参りに行ってきました。

比叡山の西麓にある「赤山禅院」は、京都御所の表鬼門に位置し、
古来「紅葉寺」とも呼ばれてきたほどに紅葉の名所としても知られています。
丁度見頃を迎えた色とりどりの葉が朝までの雨に濡れ、
一層鮮やかに輝いていました。

寒桜の可憐な姿を見ことも出来ました。

この数珠供養は、毎年11月23日に開催され、
千日回峰行を満行された大阿闍梨様の祈祷をもって行われます。
京都はもちろん、全国各地から寄せられた古い数珠が焚きあげられ供養されます。

私たちも心を込めて供養させていただきました。

さて、今年も天台宗の偉いお坊様 栢木寛照氏の有り難いお話をお聞きすることができました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全ての物事は前世からの「因縁」によって動いている
今日この数珠供養に来られたのも、来られなかったのも
前世からの「縁」で決まっている

昔、人類の先祖は、そこにある物を取って食べていた
そこに突然農耕が始まり蓄えることに覚醒する
蓄えなかった者は困り、蓄えた者は与える
与えられた者は感謝する
与えた者は感謝されることに覚醒する

そのことが次第に大きくなり、力を増すための争いが始まる
そして、争いはダメなことだということに覚醒する
これが宗教の始まり

お釈迦様は、荒れた国の王にこう仰った
ムクロジの実に穴をあけて108個通して身につけ、常に仏様を念じなさい
すると人々の心は穏やかになり、五穀豊穣、素晴らしい国になった
まさにこれが数珠の始まり

心を穏やかにしてくれるのは宗教の力
常に肌身離さず数珠を持つのは大事なこと
数珠は仏様の分身で守ってくださる

邪魔になると排他するという考え方はダメ
人を殺してはならないということが第一義
世の中自分中心だと成り立たない
他の人のことも考えるというのが仏の教え
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私達は大切な数珠をお作りさせていただいているのだ
ということを改めて認識するとともに、
この厳かな空間にいるだけで、心が洗われるような尊い気持ちになりました。
今年も数珠供養に来ることが出来た、この「御縁」に感謝します。

お問い合わせ

ページトップに戻る