木工加工の世界

木珠加工基本技術(念珠が出来るまで)

  • 製材(大割り)
    原木から柾目取りした角材に製材します。
  • 製材(板切り)

    既定の珠サイズに合わせて板を切ります。
  • 乾燥(板干し)

    加工性を高める為、板を充分に乾燥させます。
  • 珠挽き

    素材ごとに適切な刃物で加工します。
  • 珠挽き

    職人により丁寧に一珠ずつ加工します。
  • 珠 研磨

    珠を磨き仕上げます。
  • 磨き上げた珠

    木地なりの上質な仕上がり。
  • 検品

    人の目により検品します。
  • 完成

木珠加工基本技術(さまざまな形状加工)

  • 丸 玉
    丸 玉
  • なつめ玉
    なつめ玉
  • イラタカ(そろばん型玉)
    イラタカ(そろばん型玉)
  • 平 玉
    平 玉
  • コイン玉
    コイン玉
  • みかん玉
    みかん玉
  • マーブル玉
    マーブル玉
  • リング
    リング
  • パイプ
    パイプ

木珠加工基本技術(仕上げ)

  • 木地なり仕上げ (バレル・仕上げカンナ掛け)
  • 布仕上げ(蜜蝋・イボタ蝋)
  • ウレタン仕上げ(艶有、艶消)
  • 摺漆仕上げ

特殊加工

  • 3次元加工
    回転ろくろでは加工不可能な職人技
  • 彫刻
    レーザー加工で幅0.1㎜の緻密な加工まで可能
  • 特殊レンズ
    『仏包珠』指定された画像を特殊レンズ加工によりはめ込みます

持ち込み木材の加工

  • 長年の愛着や思い入れのある建物の柱、庭の木をお数珠やブレスレット等にお作りさせて頂きます。
    数百年の歴史と人々の思い入れのある寺院の柱などをお預かりいたしましてお数珠や腕輪につくり替えることができます。
    お持ち込みいただいた木材を使った念珠、または腕輪等の委託加工を弊社では随時承っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページトップに戻る