川﨑木珠ブログ

2018年5月12日

手づくり工房「魅力倍増」         私だけのブレスレット作ってみませんか

お堀端の「キショウブ」も見頃を迎え、
新緑の中に鮮やかな黄色のコントラストが美しく、人々の目を惹いています。

八幡堀沿いの店舗の中にも爽やかな新緑が広がります。

1階のショップ正面の壁面に大きな窓を設けました。
これからはこの窓から四季折々の近江の風景をお届けします。

2階の手づくり体験工房では、
これまでの色彩豊かな『樹の宝石』に加え、
大切な『想い』を込めた作品作りをしていただけるようになりました。

私達が親しみを込めて「木」と呼ぶ「日本の木」。
遠い遠い昔から、私達は「木」とともに暮らしてきました。

「木」は私達の暮らしに必要なものであるとともに、
人々の『心のよりどころ』でもありました。
大きな幹に触れているとなぜか心が落ち着き、その香りにも癒されます。

また、起業や進学などの人生の節目で目標達成を祈念したり、
ハレの門出を祝ったりして植樹されることも・・

そんな「日本の木」を少しご紹介します。

[桜(さくら)]は、春にいっせいに咲き誇る様子から、
人生の節目の門出を祝う、夢と希望の象徴とされています。

そして[松(まつ)]は、禅語で「松樹千年翠」と言われるように、
一年を通して枯れることなく常に緑を保つことから、
いつまでも変わらぬ幸せが続いていくことを意味します。

誰もが心に秘めている大切な『想い』。
その『想い』を繋いでカタチにしてみませんか?

親子で素敵なもの出来ました♪

お問い合わせ

ページトップに戻る