川﨑木珠ブログ

2018年8月3日

50th Anniversary!

静岡県富士宮市近江八幡市は、昭和43年(1968年)8月に
国内でも大変めずらしい夫婦(めおと)都市の提携を結び、
本年、めでたく金婚式を迎えました。
両市の縁は、日本一高い山、富士山を造るよう神様に言われた大男
「だいだらぼっち」が近江から土を運び、その跡に水が満たされ
日本一大きな湖、琵琶湖になったという神話が基になっています。

その夫婦都市の契りを結んだ翌年の夏から、近江八幡市富士宮市の児童が
毎年交互に双方の市を往き来する交歓会が始まりました。
ちょうど節目となる50回目を迎えた今年は、
富士宮市の小学6年生を近江八幡市にお迎えし、
近江八幡市内の児童が参加して行われました。

3日間の交流会の最終日、8月1日(水)には、
一昨年に引き続き、旧伴家住宅(八幡教育会館)を会場にお借りして、
近江八幡の伝統工芸の「木珠」を使ったブレスレット作りを体験して頂きました。

初めに、近江八幡の伝統の技を受け継いだ数珠作りについて、
1400年に渡る歴史のお話などをしました。

そして楽しいブレスレット作り♪
引率の先生方にも楽しんでいただきました。

数珠づくりの伝統的な道具「舞錐(マイギリ)」の体験コーナーも人気で、
何度も並び直して繰り返し挑戦する姿もありました。

皆さん素敵なブレスレットが完成しました!

今年は50回目の記念の年とのことだったので、
富士山の絵と「富士宮」の文字、琵琶湖の絵と「近江八幡」の文字を
表と裏に彫った木珠と、「50」の文字を彫った木珠をご用意させて頂きました。

とても喜んで頂けて、私達も大変嬉しく思いました。

終わりには代表の子供さんからのお礼があり、
大変しっかりとした挨拶に頼もしさを感じました。

このような素晴らしい機会にお声を掛けていただき、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【創業90周年記念 感謝の品】
只今店舗では、12月25日までの期間中、
¥5,000 以上お買い上げのお客様に記念の品を進呈しております。

手にされた方が、やさしい木のぬくもりを感じて頂ければ幸いです。

お問い合わせ

ページトップに戻る