川﨑木珠ブログ

2018年10月11日

珍しいお客様がいらっしゃいました

昨日は、京都・大阪の一流どころのホテルの、外国のお客様をはじめ
沢山のお客様の御接客を専門になさっておられるスタッフの方々が
手作りの体験にお越しになり、立場変わって「お客様」として1日を楽しまれました。

初めに近江八幡の数珠作りの歴史などをお話させていただいたところ、
「ここにそんな昔からの産業があったの?」
「7割もの木の数珠玉が近江八幡で作られているんですね!」
などなど、皆様ご職業柄か大変熱心に興味深く聞き入って下さいました。

ブレスレットをお作り頂きましたが、
「これ、木のそのままの色なの?」と珍しい色彩の木珠に驚かれたり、
日本の木にもこんなに沢山の種類があってそれぞれに想いや願いが込められている
ということに感動しておられました。

お客様から
「これって蟹を食べているのと似てますね!」と言われ、
どうしてか尋ねると、
「だって夢中になるから無言になっちゃう。」と笑っておられました。

「自分でデザインして自分で繋いで作るとなんだか特別な大切なものになりますね。」
「使っていくうちに艶があがって手になじんでくるのが楽しみ。」
など、皆様笑顔でお話されていたのが印象的でした。

いつもは接客をしておられる皆様ですが、
今日は「お客様」を満喫して頂けたようです。
今後、お客様に滋賀県や、近江八幡、
そして『レアウッドビーズ美樹』の店舗をご紹介いただけると大変嬉しく思います。
ありがとうございました。

お問い合わせ

ページトップに戻る