念珠の紹介

浄土宗

法然上人は、「南無阿弥陀仏」と幾度となく念仏を唱えるよう説かれています。それは念仏のひとつひとつが無量寿・無量光の阿弥陀如来への感謝であり、自らの懺悔なのです。
その為に、浄土宗の数珠は他の宗派の数珠と違い、形状の違う2つの輪を” 輪違い”に通した形の数珠になっています。これをもって2つの輪を絡めて繰ることにより、念仏を唱えた数を数える法具としました。

商品のご購入・お問い合わせについてはこちら

ページトップに戻る